名取デジタルアーカイブ

愛島 道祖神社 佐倍乃(さえの)神社 神姫の舞 前編

概要

巫女の舞でかんざし、下げ髪、素面、狩衣、緋袴の支度をし、鈴と扇とを持つ。直面。十四、五才の少女が舞う巫女舞である。
『道祖神研究』大林昭雄著より

動画

本文

由緒は景行天皇時代に、日本武尊(やまとたけるのみこと)の勧請によって猿田彦神(さるたひこかみ)、天鈿女命(あめのいずめのみこと)を祭神としてお祀りしています。 江戸時代には「道祖神社」と呼ばれていましたが、明治7年に古称の「佐倍乃(さえの)神社」に改称し、明治41年 塩手にあった式内社佐具叡(さぐえ)神社が合祀されました。 源氏物語の主人公・光源氏のモデルになったとされる中将藤原朝臣実方が、この地方に赴任中、この神社の前を馬から降りずに通過してしまいました。 それが神前で無礼を働いたとして落馬し、それが元で亡くなったといわれています。 名取市物産協会HPより

本文参考・出典URL

http://www.kankou.natori.miyagi.jp/kankou/314

撮影年月

2017年8月12日

撮影者

名取市図書館